横浜産の朝採りとうもろこし!最高のタイミングで収穫して当日にお届けします

2021年のとうもろこし作り、始めました。6月前半から収穫予定です。

小間園芸の父
昨年、自宅直売所で大変ご好評を頂いたので、ことしは栽培面積を増やしました。

朝4:00に収穫したとうもろこしを、その日のうちにあなたの食卓にお届けします!


日の出前が、とうもろこしが1日のうちで一番糖分を蓄えている時間です。その最高のタイミングで収穫したとうもろこしを、ぜひお召し上がりください。

とうもろこしは鮮度が命です。
収穫したその瞬間から鮮度は落ち、甘みが減ってしまいます。
お受け取り後は、お早めにお召し上がりください!

最高のタイミングで収穫したとうもろこしを収穫当日に発送します

2021年、とうもろこしの栽培本数は、約9000本です。昨年、自宅直売所で販売したところ、大変好評でしたのでより多くのお客さまに食べていただきたいと思い、本数を増やしました。

5/20頃からヤングコーンの収穫、6/10頃からとうもろこしの収穫が始まる予定です。
8/5頃が収穫終了になりますので、お早目にお買い求めください。

小間園芸の父
朝4:00に収穫したとうもろこしを、その日のうちにあなたの食卓にお届けします。
最高のタイミングで収穫したとうもろこしを、ぜひお召し上がりください。

小間園芸のこだわり

安心・安全な品質の野菜、加工品を作り続けています

小間園芸は、横浜市泉区で年間70種類を超える野菜や果物を栽培し、50種類を超える加工品を生産販売しています。“野菜本来の味”を大切にし、新鮮な野菜を消費者の皆様に召し上がっていただくために、収穫から販売までの時間を極力短くしています。

祖父の代から、野菜の栽培は、土づくりからこだわっています。土の状態を見ながら畑に完熟堆肥を入れ、野菜が育成しやすいように土を柔らかくし、水はけ水持ちが良くなるよう常に調整しています。

小間園芸は直売を大切にしています

「生産者の顔が見える野菜作り」を心掛けています。お客様の声を直接聞ける、お客様が直接私たち生産者に声を届けられる、私たち生産者の気持ちをお客様に直接届けられる。

直売にこだわることによって、お客様と生産者の間に壁を作らず、ダイレクトにコミュニケーションを取れるよう取り組んでいます。それが、お客様にとっての安心・安全な品質へ繋がると考えています。